このエントリーをはてなブックマークに追加

強制との違い

保険には、色々なものがありますが、自動車保険は、損害保険の一種です。
賠償金が発生するような自動車事故などを引き起こした時に、保険金が支払われるようになります。
そのため、強制保険があるとも言えます。
強制保険は、自賠責保険とも言われ、被害者救済のために、法律上、義務付けられました。
自動車を運転する際には、常時保険証を提携している必要があり、仮に提携していないということであれば、罰則が適用されるようになっています。
しかし、任意の場合は、法律上の義務ではないため、そういう罰則などとは関係ありません。
その名の通り、自由意思によって、加入の有無を決めることができます。
そうは言っても、自賠責保険は、支払の限度があり、なおかつ、対人賠償のみとなっています。
義務であると言っても、最低限の救済をするためのもの、と言えます。
そこで、自賠責保険を補完し、なおかつ、自賠責保険には保障を得るために、任意保険が提供されています。
たとえば、任意の対人賠償であれば、無制限の支払金が設定されているものがあります。
あるいは、自賠責保険で対象外となっている対物賠償保険も、提供されています。
さらには、自分の車を補償する車両保険も、任意保険として、提供されています。
ちなみに、対人賠償は、まず最初に自賠責保険が適用されます。
それで補償金が足りなければ、任意の対人賠償保険が適用されます。
あくまで強制であるので、自賠責保険が優先して利用されるということです。
Copyright (C)2017自動車保険の契約について解説します.All rights reserved.