このエントリーをはてなブックマークに追加

主契約と特約

保険は、一見すると、非常に複雑なものに感じます。
細かな規定がたくさんあり、どれが何を保障しているのか、分からない面があるのが事実でしょう。
その第一の原因が、主契約と特約のようにも思います。
これは、自動車保険にも、該当するように思います。
まず、主契約とは、その契約の核となる部分です。
自賠責保険であれば、人に危害を与えたしまった場合の保障ということです。
次に特約になりますが、これは、主契約の補完のようなものです。
例えば、対人賠償保険でも、補償金のみでなく、入院費やその他の費用等も賄うという規定などです。
以上が、主契約と特約との関係ですが、これには、確実に決まったものがないとも言われています。
特に、特約については、会社毎で異なり、なおかつ、個別の保険でも異なっているため、非常にユニークなものとなっています。
保険を複雑な物に見せてしまいがちですが、そうであるからこそ、厚みのある保障が得られるとも言えるのでしょう。
かつて保険と言えば、複雑な規定が文書で書かれ、なおかつ、読みにくい程、小さな文字で書かれている、との印象がありました。
現在では、それも変わったようで、特約などが多くついても、きちんと説明していくれるようです。
これは、自動車保険でも変わらぬ傾向のようす。
仮に分からないことがあれば、きちんと保険会社に確認することが、大事になるのでしょう。
自分で納得するまで、質問することも、重要です。
Copyright (C)2017自動車保険の契約について解説します.All rights reserved.