このエントリーをはてなブックマークに追加

人への賠償

交通事故を起こした場合、もっとも重要なことは、人に危害を与えてしまった場合です。
怪我もさることながら、一生残ってしまう後遺障害、最悪の場合は、死なせてしまうことです。
そうなれば、状況によって、刑事事件にもなり、なおかつ、民事事件ともなり、賠償責任を果たす必要があります。
このため、自賠責保険という強制の自動車保険がありますが、それでは、補えない状況もあるため、任意の対人賠償保険があります。
対人というからには、人への賠償責任のための保険であり、保障内容として、自賠責保険と変わりない面があります。
しかし、最大の相違点は、自賠責保険では、保険金の限度額があるのに対し、人の対人賠償であれば、限度額を高く設定でき、中には、無制限というものもあります。
つまり、何千万円、何億円となったとしても、人に危害を与えてしまった場合、賠償金が支払えるということです。
人の命に関しては、お金で買えない面もありますが、少なくとも、賠償に関しては、賄えるようになっています。
これを踏まえ、現在では、自賠責保険と共に、無制限の対人賠償保険に加入することが、基本であるとのことです。
確かに、どんなベテランドライバーでも、交通事故にまったく遭わないという訳ではありません。
もしもの備えとは、こういう無制限の対人賠償保険などが、象徴的なのかもしれません。
なお、無制限の対人賠償に加入していれば、自賠責保険は、無意味のように感じますが、まず最初に適用されるのが、自賠責保険です。
さらに、法律上の義務のため、期限が切れていれば、罰則対象となり、自賠責保険証を常時必携しておくことも、法律で求められています。
Copyright (C)2017自動車保険の契約について解説します.All rights reserved.