このエントリーをはてなブックマークに追加

物への賠償

強制の自動車保険である自賠責保険は、対人賠償のみとなっています。
そのため、任意の対人賠償保険で、補完的に利用する必要があります。
しかし、交通事故は、人に対してばかりでなく、物に対しても、発生します。
そのため、対物賠償保険も、加入すべき自動車保険と見られています。
対象としては、物全般になり、相手の自動車はもちろん、道路の標識や近隣住宅なども入ります。
保険金額の設定には、色々なものがありますが、対人賠償保険と同様、無制限のものがあります。
対物賠償保険が注目を浴びるようになったのは、自動車修繕費の高額判例が出たためとも言われています。
これは、修繕が必要になった車が、高級外車であり、億単位の支払いが命じられました。
億単位と言えば、一般の人にとっては、なかなか支払い切れるお金ではなく、もしかしたら、一生を掛けてやっと支払いが終わりになるかもしれません。
このため、対物賠償保険に加入しておくことで、高級外車などとの交通事故でも、賠償金を賄えるようになります。
一説によれば、対物賠償と対人賠償保険は、無制限のものをセットで加入すべきとのことです。
人であれば理解できますが、物の場合、時代を反映しているかもしれません。
すなわち、今では、高級外車なども、インターネットを通じて購入することが可能であり、それだけ身近なものとなっているからです。
なお、対物賠償保険とは、あくまで相手の物に対し、賠償するものです。
自分の車が含まれていないことは、注意が必要です。
Copyright (C)2017自動車保険の契約について解説します.All rights reserved.