このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗者と人身傷害

保険の種類にも、色々なものがあります。
任意の自動車保険にも、いくつかのものがあり、それぞれの特徴があります。
基本的に、事故を起こした相手への賠償保険というのが、自動車保険の特徴となっています。
しかし、中には、そういうものとは異なっているものがあります。
それが、搭乗者傷害保険です。
これは、同乗している人が、怪我をしたり、あるいは、死亡した場合などに、保険金が支払われます。
たとえば、家族旅行に出かけ、交通事故に遭い、同乗している家族が怪我などをしても、搭乗者傷害保険に加入していなければ、保険金が下りないようになっています。
また、人身傷害保険も、ユニークなもののように思います。
これもまた、搭乗者のように、家族などが対象となりますが、過失に関係なく、保険金が下りるようになっています。
契約時の金額が限度となっていますが、過失に関係ないという点が、大きな特徴です。
交通事故の場合、相手との過失の割合が大事になりますが、たとえ、自分に全面的にあるとしても、人身傷害保険では、保険金が下りるということです。
通常、対人賠償などであれば、過失割合を争うようなこともあります。
保険会社で、ケーススタディのようなものがあり、割合が決められていても、そうなるケースがあるのが、現実なのでしょう。
なお、搭乗者傷害保険でも、人身傷害保険でも、どちらも、ドライバー自身も含まれます。
此の点もまた、ユニークな自動車保険の一つのように思います。
Copyright (C)2017自動車保険の契約について解説します.All rights reserved.