このエントリーをはてなブックマークに追加

自損事故や無保険車

もしもの際の備えが保険となっていますが、それを象徴するような自動車保険が、自損事故保険と無保険車傷害保険のようにも思います。
もちろん、強制の自賠責保険も、他の任意保険にも、もしもの時の備えとなっています。
しかし、より広い範囲までを想定するのが、もしもの備えであり、これらは、それを表しているかのように思うからです。
まず、自損事故保険は、字義通り、自損事故に対する保険です。
交通事故と言うと、相手と衝突することなどをイメージし、確かにその通りです。
けれども、自分で自分に引き起こす事故もあり、それが自損事故です。
自損事故保険は、そんな自損事故で、加入者や家族が怪我などをした場合に、保険が下ります。
加入者とは、ドライバー自身を意味しています。
また、無保険車傷害保険とは、相手が無保険車の場合を対象とした保険です。
実際、無保険ということは、強制の自賠責保険ある以上、あり得ないことです。
ここで言う無保険車とは、任意保険に加入していないことを意味しています。
あるいは、加入していても、保険金が実際の損害額より少なかったり、さらには、ひき逃げなども該当するようです。
また、より身近というと語弊があるかもしれませんが、特約などで制限のある車です。
たとえば、夫婦限定であるのに、子供が運転し、それで交通事故を起こしてしまった場合などです。
以上、自損事故保険と無保険車傷害保険になりますが、これらの保険に加入するのか否かは、自動車をどれだけ運転しているかにあるでしょう。
確かに、もしもの際の備えですが、保険料を鑑みた時、コスト負担が大きくなるのは、間違いありません。
象徴的な自動車保険でも、バランスを考えた加入が大事なのかもしれません。
Copyright (C)2017自動車保険の契約について解説します.All rights reserved.